館長小池一也の詳細について 子供空手教室の入会案内 武禅館は様々な著名人が推薦しています!

はじめまして。館長の小池です。
生徒ゼロから始め苦節8年、実動生徒も100名以上を越え、緑区鳴海町花井町に常設道場を構えることができました。
本当にありがとうございます。
常設道場はこちらよりご確認下さい!

「本質」を追及しているから負けない!

真の実戦性は伝統空手の組手(ノンコンタクト、寸止め)にあり!

空手を学ぶキッカケはやはり「強くなりたい」という願いから。

でも、本当に求めている強さって何でしょう?
それは制約の多い競技で勝てる強さではないはずです。

人として強い。
いざという時、鮮やかに立ち回れる…
そんな強さを求めて、空手を学ぼうと決意したはずです。

競技に過激さを求めるとルールが偏り、実戦から遠ざかります。
顔面パンチ禁止…投げも禁止…その中で勝つ強さは、あくまで競技性の強さです。

館長の私は20代前半から、自流の武禅館空手で飯を食べています。
時には食うに困り、金に困り、苦しい中でも「強さ」を追求していきました。

その答えが伝統空手特有のノンコンタクト、寸止めです。
相手に打撃を当てないからこそ、制約のない攻撃が可能です。
顔面への突き…それだけでなく後頭部や脊髄への突き、蹴り、投げた後の倒れた相手への追撃…直接打撃であったら禁じ手である攻撃も可能なのです。

日本では「ノンコンタクト空手=軟弱」という誤解が蔓延ります。
たしかにポイント制の競技空手で勝つことだけを考えていては、打たれ弱くなってしまうことも否めません。

しかし、武禅館の空手は”挑戦する伝統空手”です。
常設道場でマットの完備され安全が確保された環境ができた今、MMA(総合格闘技)への挑戦も始まります!

UFCチャンピオンのマチダ・リョート選手なども「伝統派空手で身に付いた間合いがあったからこそ総合格闘技でも通用できた」と語っています。

武禅館の第三章!あなたも、私達と一緒に戦ってみませんか?

【挑戦する伝統空手!武禅館は過去にこのような実績があります!】

2015年の徳川杯一般軽量初級で渡辺祐二さんが準優勝、伊藤力哉君が中学男子優勝
中でも渡辺さんは武道、格闘技歴4ヶ月。

渡辺さんは34歳で空手を始め、人生初の試合でしたが、一回戦でプロキック選手に大金星をあげた上でのフルコンタクト空手での準優勝でした。
その一年後の2016年には、ノンコンタクト、寸止めで行う東京五輪追加種目のWKFルール(全空連ルール)の第24回全日本大会に出場し、名だたる全日本選手に善戦しました。

他にも土田隼大さんが徳川杯、サムライ杯とフルコンタクト空手の二大会連続準優勝を達成。
加藤謙太さんがキックボクシングの試合で勝利者賞を収めました。

「他流空手を学んでいたけど伝統派空手のテイストを学びたい」「伝統派空手の技術で様々な格闘技に挑戦したい」「伝統派空手とフルコンタクト空手と色々あるけど、何が自分に向いているか分からない」とお思いの方は間違いなく武禅館空手です。

武禅館は伝統派空手の技術で様々な競技応用を実現した東海地区で唯一の空手団体です。その総本部が名古屋市緑区にあります。

空手はそもそも「武器相手に戦う」という「戦争」の視点から始まった武術です。
武器は当たっただけで致命傷。

武禅館の武術空手には、「足を止めて打ち合う」という概念が存在しないので、試合に挑戦しても次の日の仕事や学業に支障を与えず一日を終えることが可能です。

総合空手道武禅館は「武術空手」としてスタンスと理論を変えず、東京五輪採用の全空連ルール、フルコンタクト空手、硬式空手、新空手(キック)、MMA(総合格闘技)と流派やルール問わず大会に参加しています。どんな状況でも身を護ることができる「武術」を目指しております。

例として以下のような大会に出場しておりますので、クリックして動画をご覧下さい。
・極真空手(フルコンタクト空手)ルール(全日本シニア):伊藤6級
・硬式空手(防具付き空手)ルール(全日本坪内杯):國島4級

誰でも通いやすい時間と値段

武禅館の魅力はクオリティ高い伝統空手の身体操法技術と指導力ですが、それ以上に月謝や審査などのイベントが安く、そして15時台から23時台までレッスンが充実していることも魅力です。

それには「全ての人に力を与える」という武禅館の経営理念に理由があります。

今の日本は高齢化に加え、少子化です。
このまま進めば、2030年には人口は8000万人を割り、人口の半数近い高齢者の福祉を若い世代が支える仕組みになり多大な負担がかかります。

そんな厳しい時代を生きるには、発想力、忍耐力、挑戦心が必要です。

たくさんのお金を稼ぎ有意義な人生を送る土台は空手にある、ということは所謂、子供の貧困世帯に育った私自身が困難を乗り越えたことで実感があります。

また、ADHDなどの発達障害を背負った子供会員が武禅館の指導によって克服をしたり、ニートだった成人会員が正社員として働く決意をしたりなどの変化によって証明もされています。

人にはそれぞれ金銭的事情、時間的事情があるでしょう。
だから、誰でも通いやすい値段、そして長時間営業に踏み切ったのです。

老若男女問わず安全に結果を出せる!
     
館長の理論は様々な武術家や学者からも多大な評価を得ています。

館長、小池一也は、全日本空手道選手権大会準優勝の実績を筆頭に、18種類以上の日本武術、中国武術を20年以上の修行を重ねた博識。
講師力を競う大会、セミナーコンテストで3位に輝くなど様々な業界人より評価を得ています。
多くのテレビやラジオの番組に出演し、教育論について語り、元理化学研究所職員国際HAPMAPプロジェクトに尽力した上坂薫先生より推薦を頂いております。


「日本武術の本質を、より多くの人に…」


それが武禅館の願いであり、その願いが月謝の安さなどに反映されています。

だからこそ武禅館の空手は続けやすく、毎月2〜3名の入門者がいらっしゃるにも関わらず、やむを得ない事情でない限り「辞めたくない」と口を揃えておっしゃって頂き、未だ会員退会率は3%未満の理由です。


瞬時に骨格や筋肉の癖を見抜く力で、個人指導が実現!

空手道武禅館では武術家、小池館長が構築した高い技術指導システムがあります。
その背景には全日本空手道選手権準優勝の実績だけではなく、20年以上、古流剣術、中国拳法の修行を通して、古の身体操法を学んだことにあります。
また整体やスポーツインストラクターの仕事、神経生理学の履修を以て、その身体操法を理論化、体系化しました。


また、一人一人の骨格や筋肉の動きを目視で瞬時に読み取ることができ、整体業界では「生きるレントゲン」と言われた眼力で検定事業の会長も兼任しています。
その眼力と指導論への深い造詣と、年間200人を指導する実績から個人に合わせた指導システムが生まれました。

また、子供教室の保護者様からは「子供一人一人に接してくれる丁寧な指導」と多大な好評を頂いております。


また昇級審査では、右のようにそれぞれ履修単位制度で公平であり、さらに今後の課題を記載した認定免状を発行し、道場生自身が課題を以て練習に取り組めます。

これが武禅館の強み、魅力であり、短期修行で高実績を出せる秘訣です!
武禅館では指導員が道場生の努力や個性を見極め、昇級を認めます。
頑張る道場生なら2~3年で黒帯(初段)を取得できます。


空手の段位や級位、大会実績は履歴書に書ける立派な資格です。
高校受験や大学受験、就職試験を控えている道場生には有利です。
「人生の利益になる空手」を教えることが武禅館の責任であると考えています。

昇級審査について詳しく見る


「筋肉よりも骨を使う」が武禅館空手の身体理論。
「自分の技で自分に負担がかかるのは二流」という考えの下に成り立つ空手だから、大きな怪我や障害がなく、成人男性だけでなく女性やご年配の趣味や運動、お子様も習い事にも安心です。

少なくとも、こうした空手を教えられる道場は名古屋市緑区はもちろん、東海三県でも総合空手道武禅館だけであり、単なる習い事や趣味としてだけではなく、武術を極めたいという思いから、近隣区外であるは中区、天白区、南区、遠くは守山区、瀬戸市、豊明市、大府市、安城市、春日井市、豊田市、岐阜県多治見市、岐阜県土岐市など国道302号線や名二環を利用して通ってみる道場生も多数みえます。

      
平成25年7月14日、命武會主催の徳川杯空手道選手権大会壮年初級の部で3位に輝きました。
この入賞を機に伊藤秀樹さん同年11月3日に行われた極真会館主催シニア全日本空手道選手権大会というビッグタイトルに挑戦しました。
空手を始めて1年ですが、十数年修行した三段の黒帯相手に互角に渡り合いました。
親子で空手を学んでおられる素晴らしいお父さんです。
息子さんからの尊敬もしっかり集めておられる理想の父親像です。
武禅館の空手は武術空手です。
古来日本に伝わる伝統的な身体の使い方の空手を、実戦の中で扱う技術を教えています。


今、日本国内では、この伝統的身体操法を教えられる道場で両手で数えられる程度になってきました。
名古屋中に空手道場は星の数ほどありますが、この技術を教えられるのは、少なくとも武禅館だけであり、他道場で修行されていた方が武禅館に学びに来るほどです。


元々、空手などの武道は、戦場や暴漢に襲われた場合などで、刀や槍などの武器や、複数の人間相手に長時間戦い、身を護ることを目的に編み出された技術です。


力み過ぎて、すぐに疲れてしまっては、命の危険に陥ってしまいます。
だからこそ伝統的な日本武道では、無駄な体力を使わない身体の使い方をするのです。

その結果、40代から新たに空手を始める方が多く、短期間で何十年も修行している有段者と互角に渡り合える実力をつけることができるのです。
新たに趣味で習い事を始めるのならば、ぜひ武禅館で空手を学んでみてはいかがですか?

実際の道場生の感想をご覧下さい!名古屋市緑区の空手道武禅館

  
ちなみに自分は地元の人間ではなく、毎回稽古日は名古屋高速を使い通っております。毎回のご指導では的確で…
続きを読む
  
子供が気が小さくメソメソしているので、少しでも自信を付けさせてあげたく、また自分自身が空手に興味があり、親子で…
続きを読む
  
主人も息子も楽しく通えているので、入会して良かったと思っております。帰宅後のお風呂場から楽しそうな声が…
続きを読む




総合空手道武禅館は名古屋市緑区の有松、鳴海、徳重、豊明市周辺から始まり、東海三県7支部、200名以上が在籍する団体です。
無駄な体力を使わない古流空手、伝統空手の身体操法を学び、東京五輪採用の全空連ルールを中心にフルコンタクト空手、キックボクシングまで学べる日本でも希少な空手道場です。お子様の教育にもちろん、社会的成功を目指すビジネスマンにも役立つ空手の学びを提供します。
筋力ではなく「骨力、神経力」を活かし、打撃に合気を通す秘技は武禅館特有のものです。体に無理のない動きなので年齢、性別に関係なく追求できる空手です。
20年以上、武芸十八般を実践した答えが「武は禅なり」。その答えを小冊子にまとめました。>閲覧はこちら
武禅館の空手道場は犬猫にも使う「しつけ」という言葉は使いません。個性、人権、将来を尊重し、「教育」を行う空手道場です。誤解のない入会をお願い致します。武禅館は名古屋市4ヶ所、岐阜県2ヶ所、三重1ヵ所と広まりました。ありがとうございます。

最新情報&更新情報